外国語科の特色
本校は平成元年、埼玉県内で最初の普通科・外国語コースを設置しました。
この普通科・外国語コースが平成8年に外国語科に転科しました。

平成17年~19年、文部省の『スーパーイングリッシュハイスクール(SELHi)』の指定を受け、さらにその内容の充実を図り、現在に至っています。
 

特色1 語学教育の充実

【外国語の単位数】

卒業までに27単位必要となります。2・3年生では、1週間に10時間ほど英語又はその他の外国語を学びます。

【英語の授業形態】

いくつかの授業では、1クラスを2分割して少人数授業を行い、生徒の発言を引き出すようにしています。本校をベースとするALTとの授業が普通科に比べて多くなっています。

【英語以外の外国語】

ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、韓国語朝鮮語が学べます。

【外部試験等の資格】

英検やTOEICなどの資格取得を目指した授業やセミナーがあります。

【スピーチコンテストの実施】

3年次に外国語科の生徒全員が英語でスピーチを行います。外国語科での学習の集大成です。

 

特色2 国際理解教育の推進

【海外留学】

これまでに1年程度の留学を経験した生徒が多数います。卒業生でも海外に留学する生徒がいます。

【海外教育研修】

毎年、夏休みに希望者が約2週間のオーストラリア研修を行います。 

【イングリッシュキャンプ】

外国語科1年生徒全員が2泊3日で、校外の宿舎(福島県・ブリティッシュヒルズ)に合宿して、外国人のスタッフと英語漬けの生活を送ります。

【教室での国際交流】

不定期に外国からの訪問団(生徒・教師)が本校を訪れることがあり、直接生徒と授業や懇談をするチャンスがあります。

【総合的な探究】

総合的な探究の時間を利用して、国際理解を深めるための学習を行なっています。ここ数年は日本に来ている外国人留学生を招いています。

【地元戸田市の小学校との交流】

小学生での英語学習をサポートしたり、お互いに英語を通して交流できます。

 

特色3 進路実績

外国語科の教育課程は、理数系の単位が少ないため、英語、国語、社会が余裕を持って学べます。

有名私立大学文系を目指すには、まず英語の力を充分につけることが肝心です。

平成31年春の外国語科(1クラス)からの進学実績は次のとおりです。
専修大学文学部、亜細亜大学国際関係学部、獨協大学外国語学部、玉川大学文学部、文教大学人間科学部、東洋大学国際学部、日本大学文理学部、武蔵大学人文学部、帝京大学外国語学部、女子栄養大学栄養学部 他